トランスオーシャンの買取でよくある質問

パイロット用のポケットウォッチやコックピットの計器類といった、精密機器の工場がブライトリングの歴史のスタート地点です。事業が拡大したためスイスの小さな村から工場を移転し、計器類に加えて腕時計の本格生産を開始します。航空用時計メーカーとして定評を得たブライトリングは、イギリスに続きダグラスやロッキードなど海外の航空機メーカーにも供給を開始します。こうして世界の主要航空会社のコックピットクロックを供給し、やがて宇宙へとその目が向けられ地球を三周することに成功しました。このように留まることを知らないブライトリングのトランスオーシャンは1950年代を彷彿とさせる美しさがあり、単なる復刻盤ではなく最先端のテクノロジーが詰まっています。最高品質のサファイアクリスタルを採用しながらも往年のミネラルクリスタルの雰囲気を再現してあるため、文字盤の外周がわずかに曲面を描いて見えます。ブライトリングのなかでも時を超えた気品があり、キャリバー01という最高のムーブメントが新しい時を刻みます。そんなトランスオーシャンの買取をするときによくある質問は、時計の汚れについてです。高額査定を臨むのならば、ブレスの汚れはしっかりと落としておいたほうが期待が持てます。


Copyright(c) 2017 トランスオーシャン and … All Rights Reserved.