トランスオーシャンの魅力と買取相場は?

ブライトリングのトランスオーシャン の魅力ですが、上品な所がとても人気が高いです。
もちんろ見た目の美しさだけではなく、耐震性、耐磁性、防水性が高くありますのでいつでも安心して着用する事ができる時計となっています。

トランスオーシャンの意味は「海を越えて」という言葉になっており、1950年代の大型旅客機が普及して多くの方が海外へと行き来した時代を象徴する時計です。
その当時の世界中を旅するビジネスマンに向けて作られた物になりますので実用性と見た目の美しさ両方を兼ね備えており、洗練されたデザインが人気です。

古くからある時計になりますのでモデルもたくさん存在しており、それぞれの時代を反映しています。
初代のモデルはメッシュのミラネーゼブレスレットやドーム型の風防といったデザインとなっており、懐かしさを感じさせてくれます。
そんな初代モデルのブライトリングのトランスオーシャンは復刻しており、現代でも購入する事ができます。
クロノグラフは30分清算系となっており、3毎に区切りの目盛りがあり、細かいディティールまで再現していますから古い物が好きな方にも向いています。

モデルのなかでも38シリーズは白く美しい盤面がとても目立ち光輝いているため非常に人気が高いです。
文字盤にも細い十字のラインが引かれており、美しさが際立っています。
もちろん美しさだけではなく、耐震性、耐磁性、防水性もしっかりされていますので実用性もあります。

そんなトランスオーシャンの時計ですが、気になる買取相場はどうなっているのでしょうか。
買取相場は状態によって大きく左右されてきますが、ブライトリング トランスオーシャン クロノグラフだと20万前後だと考えて良いでしょう。
その他のシリーズやモデルもたくさんありまして、ユニタイム パイロットは少し高く30万円前後となります。
多く普及しているシリーズになりますと買取金額は15万円前後となりまして、高級品と言いましてもそれほど高くはなっていません。

高級時計の買取の場合は本体そのものの状態も重要となりますが、内箱や外箱や保証書といったものも完備しておかなければなりません。
それらがないと買取金額は著しく下がってしまいますから付属品は完備しておく必要があり、ベルト駒が調整されている場合も細かくチェックされます。
多少の擦り傷等は仕方のない部分がありますが、使用感が目立ってしまいますと高級品であっても査定は厳しくなります。


Copyright(c) 2017 トランスオーシャン and … All Rights Reserved.